武道館

ご招待チケットを頂いたので

 

 

ヘアショーを観に武道館へ。

 

 

DSC_1813

 

 

武道館といえば

 

 

こないだLAST LIVEをやったHIMURO KYOUSUKEの

 

 

BOOWY時代の「LIVEハウス武道館へようこそ」というセリフを

 

 

想い出す人は僕だけでしょうか??

 

 

(LAST LIVEの東京ドーム行きたかった~・・・。)

 

 

 

何年ぶりかに入った武道館はなんだか小さく感じたのはなぜだろう。

 

 

 

最近は巨大なイベントスペースいっぱいありますからね。

 

 

 

それでも

 

 

DSC_1816

 

 

この日の丸をみると背筋が伸びる気がするのは

 

 

日本人だからなのか??

 

 

これが武道館の力なのか??

 

 

ヘアショーのほうは

 

 

 

普段あまり関わりがないメーカーさん、サロンさんばかりだったので

 

 

 

新鮮な気持ちでずっと観ていました。

 

 

 

表現の仕方は人それぞれいろいろで

 

 

好き・嫌いや

 

 

良い・悪いもあるけれど

 

 

いったん自分の中に吸収してみようというのが

 

 

最近面白い。

 

 

いろんなモノを観て感じて吸収した後に

 

 

自分はどんな作品を生み出せるのか。

 

 

来週にはロンドンからVIDALSASOONの先生が教えに来てくれるので

 

 

 

それもまた楽しみ。

 

 

自分はコレ!!と決め付けず

 

 

いつでも柔軟でいたいと思うこの頃。

 

頂きものをして思うこと。

本当にありがたいことに

 

 

美容師をやっていると

 

 

「頂きもの」を頂くことが多々あります。

 

 

 

コンビニの5倍あると言われてる全国の美容室の中から

 

 

僕のところへ来てくれて、

 

 

 

お金を払ってくれたうえに

 

 

 

「ありがとう」と感謝までしてくれる。

 

 

 

さらには頂きものまで。

 

 

 

こんな職業なかなかないんじゃないかな。

 

 

 

女性が付き合っちゃいけない男性の職業「3B」

・美容師

・バンドマン

・バーテンダー

 

 

なんて言われたり

 

 

労働がきついイメージを持たれることが多くて

 

 

 

なりたい職業ランキングもだんだんランクダウンしてきてしまった

 

 

 

僕ら美容師ですが

 

 

 

「こんないい職業他にあるのかな?」って

 

 

 

美容師になって20年たった現在も本気で僕は思ってる。

 

 

DSC_1799

 

こんなの持ってきてもらったら

 

 

もう辞められないですよね。

 

 

 

美容師 最高かよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師あるある

美容師あるある

 

 

 

「スタッフと洋服がかぶる」!!

 

 

 

営業中はジャケット着用が多い僕ですが

 

 

 

さすがに今日は暑かったのでジャケットを脱ぐと・・・・・。

 

 

 

 

DSC_1800

 

「制服か!!」ってツッコミ入れたくなるくらい

 

スタイリストのユータくんと丸かぶり!!

 

 

笑えます。

 

 

母校へ

昨日は我が母校

 

 

 

関東美容専門学校」へ先生とお話をしに。

 

 

 

川崎駅から20分ほど歩くこの道のり

 

 

 

懐かし~!

 

 

 

毎年先生にお逢いしに行く、このときでもないと行かない川崎。

 

 

 

ラゾーナ側はえらいキレイな街になったのに、

 

 

 

表側はあいかわらずチャリ多くて、酔っ払いおじさんがいて

 

 

 

安定の川崎感。(川崎大好きですよ笑)

 

 

 

学校までの道のり歩いてると学生時代の記憶がフラッシュバックしてきて面白い。

 

 

 

DSC_1795

けして大きくないアットホームなこの感じが好きでしたね。

 

 

 

なんか帰ってきた気がします。

 

 

 

先生からも勉強になるお話も聞かせて頂いたし、

 

 

美容師を志したときの初心も思い起こしてくれる大切な場所です。

 

 

 

今年もやっぱり行って良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで港南台ショップ26年です。

いつも港南台ショップをはじめ、KINGDOMをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 

 

皆様に少しお聞きして頂きたいご報告がございます。

 

 

明後日8日(日曜日)に港南台ショップはおかげさまで26年目を迎えさせて頂きます!!

 

 

DSC_1784

 

副店長の栗田くんと。

 

 

 

今日まで支えて下さったお客様、地域の皆様、関係各位の皆様。この場をお借りし、改めて感謝御礼申し上げます。

 

 

そこで今日はちょっと「昔のお話」を。

 

 

1984年に横浜元町に1号店をOPENした7年後の1991年5月8日にKINGDOM2号店として港南台の地にOPEN致しました。

 

 

当時の港南台は開発の真っ盛り。現在のような素敵な街になるとどれほどの人が想像できていたのでしょうか!?

 

 

孝明会長の時代を読む力は当時からズバ抜けていたのでしょうね。

 

 

横浜のベットタウンという土地柄、落着いた街の港南台に突如できたKINGDOM。

 

 

当初は1階のみの1フロアで展開する店。

 

 

そこから出てくる美容師は全身黒づくめのファッションの男達。

 

 

街からは完全に浮いた存在で、男ばかりのスタッフということもありホストクラブが出来たんじゃないかと噂されていたようです(笑)。

 

 

OPEN当時は孝明(現会長)、塩川(現社長)が自らパンフレットの配布や各ご自宅へのポスティングなど積極的にやられていたようです。

 

 

そんな小さな積み重ねと「お客様に絶対に喜んで頂きたい!!」という全スタッフの思いから少しづつお客様が増え続け、お客様に支えて頂けるサロンに成長しました。

 

 

その後の鎌倉出店、東京・表参道のど真ん中に進出とKINGDOMの歴史を語る上ではずせないサロンにさせて頂きました。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私、森野がKINGDOMと出会ったのは私が高校生の頃。

 

 

地元でかなり目立ってたKINGDOMに勇気を振り絞って髪を切りに行ったのが始まりです。

 

 

その時受けた衝撃は今でも忘れていませんし、それがなかったら私はKINGDOMに入社していなかったかもしれませんね。

 

 

KINGDOMに入社して20年。

 

 

店長としてお店に立たせて頂いてる今は、僕が受けたあの衝撃をお客様、スタッフ、皆様にも体感してもらいたいと想い続けてお店づくりをしております。

 

 

私にとっても大切な存在のKINGDOM港南台店。

 

 

これからもさらに皆様に愛され続けて頂けるサロンになれるよう、スタッフ一同ふんどしを締め直して26年目を創りあげていきます。

 

 

 

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

 

 

感謝。

 

 

2016年5月6日 港南台店長 森野 寛之

_20160407_091721