#ショートボブの原型とは???#前髪とサイドのバランス

おはようございます

本日は平成最後の日となりました

明日より新年号が始まります

どうぞよろしくお願い致します

さて、本日はホームページデザイン第4段

ボックスボブです

四角くカットすることで、バランスを取り

前髪と相まってても顔立ちをシャープに

演出します

前髪のあるボブと言ったらこちらを思い浮かべる

のではないでしょうか

70年代に生まれ、また現在はショートボブが

流行っているので、その原型と言えるかも

しれません

本日も全てのご予約をありがとうございます

4月より、定休と営業時間の変更が

ございます

定休 毎週火曜日 第2、3月曜日

土曜日 9:00-19:00 →9:00-18:00

となっております

どうぞよろしくお願い致します

Hair サイドから見たときに床と並行となるように横も前髪もまっすぐにカット

この四角の面積で、お顔立ちの似合わせが決まります 今回はリップラインです

Color ブリーチオンカラー ベースはダークブラックアッシュで前髪にはネイビーブルーとイエローグリーンとペールブルーをウィービングで入れています

Styling ストレートアイロンで軽く表面を内巻きにし、シアバターベースのクリームで軽くまとめていて、完璧なカットバランスを崩さないようにしています

Foto 北川

Make 小川千穂 太田もも

Assistant 今長由美香 濱村瑠奈

#ショートヘアの金字塔#女性らしいショートの限界

おはようございます

今回はリニューアルホームページデザイン

第3弾、ラップです

ショートヘアのグラデーションベースのカット

に前髪のみ長さを更においています

90年代の作品ですが、ヒップホップのラップ

ではなくて、頭を包みこむようにカット

する技法からラップ(wrap)となっています

現代でも様々なコレクションモデルさんや、

メンズのスタイルの一つになっています

オリジナルは刈り上げていないですが

現代風の解釈ということで、刈り上げてあります

そろそろ暖かくなってきたので、ショートヘア

ご希望の方、いかがでしょうか

Cut ショートヘアベースですが、ギリギリ頭の丸みを感じる長さにトップを設定してあります 前髪はコンバーチブルスタイルなので、センター、サイドパートとオールバックと表情を変えられます

Color 前髪のみブリーチオンカラー ヌーディでクリーンなイメージなので、ホワイトアッシュを入れています ベースは濃いめなベージュブラウン

Styling バーム系のセット剤で潤いと空気感の出る毛束感を出すようにして

固めずにラフに仕上げてあります

Foto 北川

Make 小川千穂 太田もも

Assistant 今長由美香 濱村瑠奈

#60‘#ナンシークワンが女性のヘアスタイルを解放

おはようございます

HPデザイン第二弾

今回はナンシークワンというスタイルです

60年代に生まれたこのスタイルは

女優のナンシークワンさんの為に

ヴィダルが作ったスタイルです

Vogue の表紙を飾り、この後に数多く

のモデルや女優がこぞって髪を短くカット

していきます

ロングヘアが全盛の時代において、

ショートヘアは女性の社会進出の

追い風となった、そういう事実があります

現代の女性もトレンドとしては短いヘアスタイル

が増えており、ますます女性が活躍する

機会が増えているということが髪型でも

わかります

そのようなお手伝いを、これからも日々

お客様を通して社会に還元したいです

Hair 前下がりのワンレングス(ライン)のテクニックを使い、内側には見えないカット、ディスコネクションを多用してあります 頭の骨格を補正するカットです

Color インナーから外側までを薄い層にようにカラーリングしてあります 特に分け目を変えると、表情が変わるように、外側には更に薄いヴェールカラーのテクニックをしてあります

Styling クリームと軽くツヤを出すスプレーのみで、完璧なカットバランスを整えるようにセッティング 分け目を変えるとまた表情が変わるのを楽しめます

Foto 北川

Make 小川千穂

Assistant 日高 黒木

#80年代のコレクションより#HPカバーを担当させて頂きました

おはようございます

4月頃よりホームページがリニューアルされます

先日撮影したスタイル5点のうち一つが

こちらです

ヴィア

80年代のコレクションではアヴァンギャルドなスタイルとして生まれました

前髪が内側と外側に分かれていて

それぞれが動きや、表情を作るボブベースのスタイル

現在ではダブルバングという名前で、表面を流すスタイルや内側のみおろすツーウェイのスタイルとして応用されています。

現代においても、使われるテクニックで

短い方を下ろしたり、長い方を流したり

シースルーバングにしたりと

色々と表情を変えられます

こちらが生まれた80年代では、アヴァンギャルド

なスタイルとして発表されたので

強いイメージのコレクションでしたが

現代的にすると優しいスタイルとなっています

40年も前に生まれたテクニックを今でも

使っており、クラシックのテクニックは

やはり、あり続けると感じます

ただ、形を変えて、色々と生かされながら

また未来へと続くような気がします

毎日いらっしゃるお客様にも、このような

テクニックを沢山駆使してデザインして

います

今日もすべてのご予約をありがとうございます

ドイツでも得たデザインのヒントを

またお客様にご提案していきたいです

Cut Veer ダブルフリンジテクニックにラウンドグラデーション、トップはサークルレイヤーを入れています

Color ダブルカラーとしてブリーチしてから、ラヴェンダーアッシュを入れています

色の重なりがさらにグラデーションになるように染めています

Styling ストレートアイロンの後にシアバターのクリームで毛先を遊ばせています

Photo 北川

Make 小川千穂 太田もも

Assistant 日高 黒木

#入社式#仲間と共に育つ=共育=教育

おはようございます

昨日はキングダムの平成最後の入社式

でした

厳かであり、笑いあり、涙ありの

とても良い入社式でした

それぞれの才能が見えた瞬間だったので

伸ばしていけるように、育てていきたい

ですし、やる気を10年くらいは持ち続けて

欲しいです🙌

本日も素敵な一日になりますように✨