高い志をもって•••

新緑眩ゆい季節ですね。

風の強い日があるものの、比較的過ごしやすい季節です。

湿度が高くなる前の、気持ちいい季節を楽しみたいです。

さて突然ですが、皆さんは、最後の晩餐には何が食べたいですか?

僕は、正直わかりません。

何が食べたいかより、誰と食べたいかだなぁ•••と思っていたのですが、最近大好きで、愛してやまないと思う食べ物が出てきました。

それは、お好み焼き‼︎ (スタッフの日高くんに、軽蔑されそうですが•••)

正直、この歳まで数回しか食べたことがありませんでした。

粉物、ソース、マヨネーズふんだんものは、もりもり食欲が湧きます。

カリッとした豚バラもたまりませんしね。

先日も友人と、近所のお好み焼き屋さんに行きました。

ここで疑問が一つ、何でみんな、お好み焼きを自分で焼くんだろう?

僕は断然、お店の方に焼いてもらいたい派です。

だって具材だけリザーブされて、あとは ご自由にお焼きください〜だと。

家とかわらんやん‼︎

僕は、プロの技が見たいのです。

それで、この日も焼いている様子を見ていると、本当に極力 触らないのですねぇ〜

押さえるなんて、言語道断‼︎

そのおかげで、ふわっふわの出来ばえで、幸せなひとときとなりました。

そんな時、たまたま外国の方が一人でふらりと•••

日本語メニューに苦戦している様子に、英語が堪能な友人がオーダーのお手伝いをすると、帰り際に話しかけてくれました。

カリブ島のバルバドスから来ていること、医学を学びに来ていること、妻子はバルバドスにいること、などなど。

日本の医療の素晴らしさや、親切な人が多いこと。でも、日本語で授業を受けるのが、本当に難しいと。

しかし、何より、バルバドスの医療の質をあげるために、このチャレンジを大事にしているのだと。

“志”

この宿題、なかなかクリアできないなぁ〜。

でも、お好み焼きが繋いでくれた縁、忘れられない時間になりました。

小さな羽ばたき

すっかり春ですね。

桜を見る喜びも、しみじみと奥行きのあるものに変わってきています。

また、新しい季節を無事に平穏に迎えることができたなぁ〜と感謝や祈りが湧いてきます。

そんな春は、出会いと別れが一挙に押し寄せますが、ことに3月はお別れが多かったです。

別れは終わりではないけれど、当たり前のように会えていたのが、会えなくなるのは、やはり寂しいものです。

精いっぱい、別れゆく方々の姿を焼きつけるようにしています。

さて、中学生の時ですが、物理の先生が何の拍子か忘れましたが、バタフライ効果の話をしてくれました。

蝶のふあっとした羽ばたきが空気の微粒子を動かし、動いた微粒子がまた別の微粒子を動かし、地球の反対側で竜巻を起こしうる力になるという、あれです。(当時はピンときませんでしたが•••)

人間に置き換えると、どんな小さな行為や言葉でも、世界を変えうる力になるということ。

別れゆく人たちの顔が浮かびながら、あの時にくれたちょっとしたアドバイス、時には耳の痛いお叱りなど、僕に多かれ少なかれ、影響をもたらしてくれている。

よくよく考えると、いままで関わってくれた人たちの存在のおかげ•••なことだらけです。

そして僕の中でまた発酵して、きっと伝播しているものがある。

そんな小さな小さな羽ばたきが、誰かの心にちゃんと届いて循環しているのだと思うと、なんだかほっこりします。

いま、散りゆく桜を見ながら書いています。

いま、この瞬間に感謝!

100個のしたいこと

今年の初めに、文房具屋で、毎年やりたいことを100個 書き出して、実現させていくノートを見つけました。

ノートに付箋を貼りつけながら、100個 書き起こしています。

新年から始めたのに、まだ)40個くらいしか書き出せていない。

もっと時間があれば、いろいろ出来るのに•••なんて、言い訳が出てきそうです。

しかし、それと同時に欲望も少ないことにも気づくわけです。(笑)

やりたいことをやる時間がないわけではなく、何かに抑圧されているわけでもなく、そもそも何が何でもやりたいことがないことに、恐れおののくわけです。つまらない男だなぁ。

我ながら、この日本に住んでいながら、何てもったいないのだろう。

でもこれが、

書き出し始めると、だんだん出てきて、ふとした休みの日、ただ ぼぉーっとしているときに思い出して意識することができて、なかなか快適なのです。

そうだ!あの音楽 聴こうとか、そうだ!ストレッチしようとか。

頭の中にぼんやりあるものを 、あえて言葉にして、外に出すから気づくことも多いんですよね。

自分の志向が恐ろしいほど、見える化されるのですよね。

毎日にワクワクが少なくなったとき、是非オススメします。

しかし、このノートだけは絶対紛失できないですね。(笑)

大きく夢想できる人が羨ましいなぁ。

僕は、現実的な小さなことの集積だと、つくづく思い知るので•••

◯◯しておけば•••

先週あたりから、本当に寒いですよね。

最低気温がマイナスの日が続いています。

インフルエンザも猛威をふるっています!手洗い、うがいを徹底したいと思います。

さて、僕のようにメンタルの弱い人間にとって、日常の中で、やっておけばよかったのに、聞いておけば良かったのに、声掛ければよかったのに•••

そんな悔いって、絶えず付きまといます。

やらなきゃよかった、言わなきゃよかったも勿論ありますが、前者の方が圧倒的に多い。

先日、近所の図書館に足を運んだところ、

向かいに座った女性(僕より少し上かなぁ)に、声を掛けられました。

「素敵な筆箱ですね、どちらの?」

友人、知人でもない人に、声かけるって、かなり勇気のいること。

しかも話を聞くと、以前にも会っているらしく、そのとき切り出せなかったらしいのです。

でも、このこのままだと後悔するかもって、次に会ったら、必ず聞こうと思ってたんですって。

なかなか、自分には出来ないなぁ•••

いやはや。一人でぐるぐる同じ地点で 足踏みするより、一歩踏み出したほうが•••

足踏みしてても、靴は減りますからね。

幾つになっても••••

今日はお昼から、雪、雪、雪。

朝から、長靴など防寒対策は、バッチリ。

とはいえ、夜には想像以上の状態にウンザリ。(雪降って、喜ぶの犬ぐらいだよなぁ)

ようやく、乗り合わせたバスに乗り、なかなか出発しない時間を持て余し、

いま、ブログを書いています。

実記中継は、これくらいにして••••

さて、KING DOMでは、休みの日を利用して、

「ワンデー」という、何かに特化して、集中

的にトレーニングする日を設けています。

そこで、しばしば教える側に立つことがあります。

何か人に教えてるとき••••

そんなこと言える器か?技量か?説得力あるか? etc

自分に対して、懐疑的に一人ツッコミしてしまう。

だからこそ、貪欲に何かを吸収したいなぁと思っているフシもあります。

しかし、最近は、それなりにキャリアを積んできたのだから、自分の身の丈で何かを惜しげなく伝えていけばいいのかなぁとラクに構えられるようにもなってきました。

だって、もし、自分が病院に行った先で、出てきた医師が、同じくらいの年数 働いていたとして、何も言えることはないですが•••って恐縮されたら、嫌ですもんね。

経験則で語ってくださいよ、と僕なら期待するなぁと、はたと気づき、準備はしつつ、ありのままでいいと思う日々です。