田中淳夫のお薦めシネマ!

今回は台湾映画で『あの頃、君を追いかけた』を御紹介します。
主人公のコーエンは絵に書いたような
落ちこぼれ、手を焼いた先生はチアイー
に目付け役をお願いします。
それをきっかけにして2人の関係は
急速に深まっていきます。
ありがちな青春映画ですが、チアイー役
の子が自然体で良かったです。
このようなノスタルジックな映画をみて
懐かしさを覚えるのは自分もそういう
年齢になったんだと思います。
振りかえってみると同い年だけで密に過ごす時間は学生時代しかないんだなあと
思いました。
大人にみてもらいたい青春映画です。
是非ご覧下さい!

20140728-072240.jpg

今回はジャック•ニコルソン主演『チャイナタウン』を御紹介します。
退廃ムード漂う1930年代のロスを舞台に繰り広げるサスペンスです。
じりじりとした気だるさがつたわる
作品です。
主演のジャック•ニコルソンが私立探偵役で渋いのですが、眼を奪われるのは
何と言ってもフェイ•ダナウェイです!
彼女の独特な雰囲気は誰にも真似出来ません。

是非ご覧ください!

20140721-165751.jpg

田中淳夫のお薦めブック!

今回は池波正太郎の『男の作法』を
御紹介します。
池波正太郎と言えば時代小説のイメージが強いと思いますが、このようにエッセイも残しています。
氏はこの書の中で勘定、人事
組織、ネクタイ、日記、贈り物、
小遣い、家具、酒、給料袋など百般に
わたって、さりげなく”男の生き方”を
説いています。
文中『人間とか人間の味わいというまのは、理屈では決められない中間色にあるんだ。つまり白と黒の間の取りなしに。
その最も肝心な部分をそっくり捨てちゃって、白か黒かだけですべてを決めてしまう時代だからね、いまは』という
一文がとても響きました。
最近友人に勧められて読みましたが、
20代で読みたかったです。
是非ご覧ください。

20140709-073740.jpgて