ファッションの秋👠

9月も下旬に差し掛かり、気温も随分、落ち着きましたね。

美容を生業としている手前、世間様より、少し早い、衣替えを心掛けていますが••••

そんな最中、久しぶりに、大女優 若尾文子さん(仲間うちでは、アヤヤと呼んでいる)の作品を見た。

1959年公開 「最高殊勲夫人」

この中のアヤヤは、とにかくチャーミングなんです。 

それと同時に、とてもクラシカルで優雅に見えます。

このような作品を観るたびに、想うことは、当時の人達は、洋服の着こなし、所作が凄くしっかりしていること。

老若男女、それぞれが立場、時間、場所、場合を弁えていたのでしょうね。

いわゆる、TPO‼️

これって、実は日本人が考えた造語なんですって!

石津謙介•••VANの創業者(スタジャンは特に有名,東京オリンピックの赤白のブレザーも手掛けた。)

もしかしたら、氏は秩序を失いかけた日本の将来を憂いて、造語にしたのかも?

世界的に見ても、日本の若者は、

「大人になりたがらない症候群」なのか?  あまり、大人に(年上に)見られたくない様ですね。

昔、こんなエピソードを聞いたことがあります。

デザイナーの三宅一生さんが、ある大学に講演に行った際、ある学生が質問したそうです。

「貴方の服は、徹底して機能美を追求するという哲学に反して、値段は機能的ではない。なぜ、そんな高価に設定するのか?」と。

三宅さんの答えが、潔くて、いまだに残っています。

「君たちは、白いTシャツとジーンズでいても、十分に眩しい!そして、そんな時期は一瞬なのです。だから、いまの君たちに、僕の服は、必要もないのです。」と、

媚びない、毅然とした大人の言葉にハッとしました。

先程、大人になりたがらない若者が多いと言いましたが、むしろ、目指したい大人がいないのかもしれませんねぇ~

今が最高!

街のショーウィンドウには、秋モノが並び、すっかり秋めいてと言いたいところですが、まだまだ暑いですね〜

いかがお過ごしでしょうか?

さて、最近、サロンで時々でてくるキーワードに「アナログとデジタル」があります。

僕自身、時代を比べて語るのが、苦手なタイプです。どうしても、人って、自分の時代を美化して語りがち。

言われる後輩も、その時代がリアルタイムでないので、いまいちピンとこない。

ただ、時代は進む。老いていくものを置き去りにして。

物は呆れるくらい、軽く、薄く、小さくなる。

乗り物は、どんどんスピーディーで、快適だ。

ただ、忘れてはいけないのが、昔、階段を歩いていたのを、エスカレーターやエレベーターを使って、目的地に早く着く。

その浮いた時間を、大切にしているか?

ただ、楽をしているだけではないのか?

楽をしているのであれば、待っているのは、過酷なダイエットの毎日!

お金を払って、ダイエット本を買いあさり、車に乗ってジム通い!

これぞ、愚のスパイラル!

おっと、話が脱線しました。

「アナログとデジタル」

若い人から見たら、僕は前者なんでしょうね。(認めたくないげど。笑)

最近、仲間うちでの、NGワードがあります。

それは、「あの頃はよかった」と言わない!

私たちは仕事や恋愛や、あらゆることに関して、ややもすると思い出を美化する。

「あの頃はよかった」とか「あんな人とは二度と出会えない」etc.

つい現在と比べがち••••

それを「後ろ向きだ!」と説教するは多いでしょう。

でも最近、読んだ小説で発見しました。

とても鮮やかに、説教がましくなく放った一言を••••

「思い出と戦っても、勝てないよ。」

「今が最高!」

常にそんな心境で、いたいものです。