誰も何もいってくれない

皆さんお元気ですか?

しかし、暑いですね!心が折れそうになりますが、何とか乗り切りたいと思います。

さて、普段一人暮らしの僕にとって、家事仕事は、したいものではなく、しなければならないものに近いです。

料理を作るなんて、とてもクリエイティビティ溢れる作業ではありますが、でも家事全般、なんで好きじゃないのかなぁ?と時々考えます。

毎日毎日休みも終わりもない、究極のルーティンであることと、自分で自分の成長を感じないから•••だと思い当たる。

僕には子供はいないけれど、育児も同じように大変ではあるけれど、時々ものすごく成長を感じたり、喜びがあるから、これはまた別物のような気がします。

作る、洗う、畳む、しまう、干す、拭く、磨く、etc. 時々、縫う。

小さな空間の中で生きてゆくためには、これがエンドレスに続くのです。

しかも、いつも時間の締め切りに追われながら•••

時々、誰か大袈裟に「有難う!」って言ってくれないかなぁなんて思う自分がいます。

当然 誰も言ってくれないので、自分を自分でヨシヨシしています。(笑)

ちょっと愚痴っぼくなりましたね。

愚痴といえば、最近気づいたことがあります。

あの国民的映画 「男はつらいよ」に出てくる渥美清さん演じる寅さん。

タイトルとは裏腹に、一度も「つらい」とは言わないんですね。

少しは見習いたいものです。