高い志をもって•••

新緑眩ゆい季節ですね。

風の強い日があるものの、比較的過ごしやすい季節です。

湿度が高くなる前の、気持ちいい季節を楽しみたいです。

さて突然ですが、皆さんは、最後の晩餐には何が食べたいですか?

僕は、正直わかりません。

何が食べたいかより、誰と食べたいかだなぁ•••と思っていたのですが、最近大好きで、愛してやまないと思う食べ物が出てきました。

それは、お好み焼き‼︎ (スタッフの日高くんに、軽蔑されそうですが•••)

正直、この歳まで数回しか食べたことがありませんでした。

粉物、ソース、マヨネーズふんだんものは、もりもり食欲が湧きます。

カリッとした豚バラもたまりませんしね。

先日も友人と、近所のお好み焼き屋さんに行きました。

ここで疑問が一つ、何でみんな、お好み焼きを自分で焼くんだろう?

僕は断然、お店の方に焼いてもらいたい派です。

だって具材だけリザーブされて、あとは ご自由にお焼きください〜だと。

家とかわらんやん‼︎

僕は、プロの技が見たいのです。

それで、この日も焼いている様子を見ていると、本当に極力 触らないのですねぇ〜

押さえるなんて、言語道断‼︎

そのおかげで、ふわっふわの出来ばえで、幸せなひとときとなりました。

そんな時、たまたま外国の方が一人でふらりと•••

日本語メニューに苦戦している様子に、英語が堪能な友人がオーダーのお手伝いをすると、帰り際に話しかけてくれました。

カリブ島のバルバドスから来ていること、医学を学びに来ていること、妻子はバルバドスにいること、などなど。

日本の医療の素晴らしさや、親切な人が多いこと。でも、日本語で授業を受けるのが、本当に難しいと。

しかし、何より、バルバドスの医療の質をあげるために、このチャレンジを大事にしているのだと。

“志”

この宿題、なかなかクリアできないなぁ〜。

でも、お好み焼きが繋いでくれた縁、忘れられない時間になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。