HOME

MOTOMACHI BLOG

コンテストに出る意味

こんにちはKINGDOMトップスタイリストの宮丸です!

9月に大きなカットの大会があり

その準備で毎日、楽しく過ごしています!

コンテストって?



制限時間の中でカットしてブローしてスタイリングして
そのクオリティーを競います
カラーやパーマは事前にしていきます。

テーマが決まっているコンテストや
決まってないコンテストがあります

ウィッグ(人形)を使うコンテストもありますが
僕はモデルさんを使ったコンテストが好きです

モデルさんは?


モデルさんは基本的に自分達で用意します

街で探して声かけて、説得して、お願いして引き受けてもらいます

これが、大変で楽しいです!

このモデルを探す事を美容師用語でモデハンと呼びます
モデルハントの略ですね

ハントとも呼ばれます

ごく稀に、大会前日まで見つからない時などあり、
スリルがあって楽しいです。

出場料



コンテストに出るにはお金がかかります。

ちなみに、9月の大会は3万8千円
燃える金額です

カットの大会は投資が必要です。

僕は大体、1回の大会で10万円を目安に考えます

出場料2万〜4万
衣装5万
モデルさん食事代、交通費、謝礼2万
材料費1万



etc

お金をかければかけるほど、引くに引けない状態になり
コンテストに対して真剣になれるメリットがあるので
止めれません

なので、コンテストに出場するというのは
結構、覚悟が必要だったりします。

ただ、お金に関しては上位入賞出来れば賞金で補えるので
ギャンブル性も兼ね備えています。

大会前は朝晩練習



営業前も朝から練習

営業後も終電まで練習

徹夜で練習、仕込み

大会前は絶対、徹夜

なんで、そこまでするのか?大変な事するのか?

1つは賞をもらえると嬉しい

初めて賞をもらった時、すごい嬉しかった

店長の祐哉さんと一緒に入賞して、壇上で握手した事は痺れました

2つ目は上手になるからです

大会に向け、無理しながらも練習していく事で
単純にカットやカラー上手になります。
今、自分が持っている技術のほとんどは
コンテストから学びました。

一番の理由は


僕は、お客様の前に立った時、デザイナーで居たいんです。
ただ、髪切る人じゃなくてヘアデザイナーで居たい

そうある為には、コンテストに出続けるしかなかった
自分の表現したい物を100%表現できる場を
たくさん経験するしかなかった

大変だしお金かかるし
心が折れそうになる時もある
沢山、悔しい思いもした

ただ、それがあるから
今、自信を持ってデザインを提供出来る
デザイナーで居られる

まずは、9月
楽しみにしてて下さい!