TANAKA BLOG

written by 田中 淳夫

天体観測✨

いよいよ、桜の開花もカウントダウン!ということで、季節柄、卒業式シーズンです。先週も親子で、セットをさせていただきました。その時のお母様の娘さんを見る、優しい眼差しがとても印象的でした。

さて、今日は休日。

友人の若松くんの誘いで、天体観測に行きました。

星を見ながら、改めて思います。

この世に生を受けた限り、誰かの宝物なのだと。

そんな筈はない、と抗いたくなっても、今ここに、生きているのは誰かの愛情があってこそだと。

人間以上の大きなものを知る時、とても素直になれますね。

火星にも水があるようですし。

広大な時限のなかで、今、こうして縁あって出会っている人が、愛おしい夜です。

文化人のようなことを書く一方で、もう一人の自分がいます。

若松くん。やっぱ!寒いわ!

早く、帰ろ‼︎

もう少し、器を大きくしたいものです。