最後は、やはり••••

梅雨、真っ只中。

傘という、余分な荷物が増え、

梅雨明けを、指折り数えている毎日です。

さて、先日 仕事中、後輩のK松さんと一緒に、カラーを塗っていました。

K松さん、知る人ぞ知る、”汚し屋さん”です。

それを察した僕は、K松さんに一言!

「僕に、つけないでね。」

すると、K松さん。

「あっ! それ、パワハラだ‼️」

「ハラスメント」→人を困らせる、嫌がらせ。

気になって調べたら、今や30種類以上のハラスメントがあるんですね。セクハラ、パワハラ、マタハラ、ドクハラなど、既に社会問題として認識されているものもあります。

他には、ブラッドタイプハラスメント(血液型に基づいた不当な言動、どうりで◯型っぽい~とか)

マリッジハラスメント(未婚者に対しての嫌がらせ総称)

カラオケハラスメント(歌うのを強要)

正直、違和感を感じるものもある。

だって、「ハラスメント」と名称がついた途端、「対策すべきもの」になりますからね。

人によっては、悪意なく些細だと思うこと。しかし、人によっては、深く傷つく事態になること。デリカシーの程度は、人によって幅がありますが、誰かを傷つける言動になりかねませんよ、と警鐘を鳴らす意味でも、「ハラスメント」という言葉は、きっかけになると思います。

ただ、何でもかんでも「ハラスメント」という言葉でくくって、緊張しながら監視し合うのも、居心地が悪いというもの。

「そういうの、苦手かも~」とか

「ひとくくりに、しないで~」とか

「私、人間できていないんで、そういうこと言われると傷ついちゃうんです~」とか、された側の、コミュニケーション能力も大切なんじゃないかと思いました。

長くなりましたが、冒頭のK松さんの訴えは、いかに!

う~ん、第三者の目で、早急に精査してもらいましょう。

自分の中の常套句!

皆さん、お元気ですか?

早いもので、もう6月ですね!

梅雨入り、間近!  憂鬱です

部屋干し、乾かない。

かたつむり、気持ち悪い。

まぁ、残り少ない、爽やかな風を堪能しよう。

さて、自炊派の僕としては、ほぼ毎日、スーパーに行きます。

そこに、とても素敵な定員さんがいます。

笑顔で手際よく、丁寧で••••

思わず、その方のレジに並んでしまう。

ただ、接客を受けていて不思議なのが、「当店のポイントカードお持ちですか?」と聞かれ、

「いいえ、持ってません」と答えると、

「失礼しました。」と返事が返ってくる。

あれ、どういう意味なんだろう⁇

作りますか?と誘われるでもなく、

作ると、こんなメリットがありますよ!という説明があるわけでもなく、

単に、聞いて失礼しました~というニュアンスなのかなぁ?

それとも、そのポイントカードとやらには、ものすごい特典があるのに、知らずにいて、お気の毒だなぁ〜失礼しましたなのかなぁ~?

「何が失礼なんですか?」なんて、毒を吐く勇気はなく••••

でも、これって少なからずとも、自分にも当てはまる節が••••

結構、手垢のついた常套句を無意識に使ってるんだろうなぁ〜。

無意識から意識。

「僕、無意識に使ってる、言葉あるかなぁ?」

隣りで声がしました。

「言葉じゃないけど、毎日パスタ作るのそうじゃない?」

おー、パスタ作る行為、人から見ると、無意識に見えるんだ。

たまには、焼きそばでも

意識してつくろっか?